本文へスキップ

Since 2001.11.01

見出しWORKS/雑誌・特集・書評など

雑誌/特集など

 誌名  タイトル  刊行日  出版社
 「寺門興隆」  日日是薩婆訶  2016年4月号〜  興山舎
 「禅 自分に出逢う旅  「いのち」のままに  2013年06月04日  徳間書店
 福島民友  人生春夏秋冬(全30回)  2011年9月17日〜10月23日  福島民友社
 「週刊新潮」12/24  「スネオヘアー」映画撮影現場を訪ねた「玄侑宗久」  2009年12月17日  新潮社
 「週刊新潮」12/17  「窓際OLすってんことりん日記」「マカ不思議な坐禅体験記◎斎藤由香  2009年12月10日  新潮社
 「yom yom」vol13  yom yom special「マカと坐禅の不思議な関係」/窓際OLで、「落ち着きのない女」が玄侑宗久氏のもとで坐禅修行?▼斎藤由香  2009年11月27日  新潮社
 「ラジオ深夜便」第9号  講演「私という呪縛」 2008年10月19日   NHK
 「NHK知るを楽しむ 人生の歩き方  11月 玄侑宗久「『なりゆき』を生きる」  2007年9月29日  NHK出版
 「ひっぱら」6月号  「東洋的ボランタリズムの可能性(下)  2006年06月01日  全仏青
 「ひっぱら」5月号  「東洋的ボランタリズムの可能性(上)  2006年05月01日  全仏青
 「旬なテーマ」  「読んだら泣ける100冊ガイド」  2006年02月10日  中経出版
 「男の隠れ家」2月号  愉説の読書空間 156人の384冊  2005年12月27日  あいであ・らいふ
 「小説現代」  「慈悲をめぐる心象スケッチ」  2005年09月号〜2006年06月号  講談社
 「文藝春秋」11月号  特集:新・冠婚葬祭入門
弔い問答「僧侶と墓」を選ぶには
 2004年06月22日  文藝春秋
 「オ―ル読物」7月号  特集:私が長髪だった頃  2004年06月22日  文藝春秋
 「小説新潮」6月号  特集:玄侑宗久の世界  2004年05月22日  新潮社
 「きもちいい!仏教」  「なぜ、いま<仏教>なのか」  2004年05月08日  洋泉社
 『週末出家ガイド』  「ワガママから禅定へ」(9枚)  2004年04月27日  双葉社
 「寺門興隆」  そもさん!玄侑和尚の説教部屋  2004年正月号〜2006年6月号  興山舎


アンソロジー

 書名  タイトル  刊行日  出版社
 『仏教の世界 禅の知恵』  「禅と桃のおいしい関係」  2015年11月19日  大法輪閣
 『ちっといい話』第12集    2015年9月20日  東方出版
 文藝春秋増刊「佐藤優の実践ゼミ『知力を鍛える』」  福島と沖縄から「日本を考える」  2015年01月06日  文藝春秋
 『井筒俊彦全集』第8巻  月報「井筒病」  2014年11月27日  慶應大学出版会
 『動的平衡ダイアローグ 世界観のパラダイムシフト』  無常の世では『揺らぐ』ことが強さである  2014年02月07日  木楽舎
 『<3.11後>忘却に抗して 識者53人の言葉』  「閉じる」ことを考えよう  2012年12月05日  現代書館
 「現代宗教 2012」  “フクシマ”にみる文明の転換  2012年07月10日  秋山書店
 『ふるさと文学さんぽ 福島』  「福島県人は『のんびりちゃきちゃきしんなり』!?」  2012年06月26日  大和書房
 『学問ノススメ』    2012年04月26日  徳間書店
 L'archipel des seismes』  「あなたの影をひきずりながら    
 『ブッダの言葉』  「『死して生まれよ』 無常と『もののあはれ』」  2012年03月03日  徳間書店
 『いまこそ私は原発に反対すます。』  「もう、理屈ではなく」  2012年03月01日 平凡社
 『日本人「再生」と「復興」の100年』  「こころの自治」  2012年02月07日 世界文化社 
 『「生と死」の21世紀宣言 Part4 いま求められる学びと実践』  「有為の奥山けふ越えて 『相補性』で命を考える」  2011年09月05日  青海社
 『原子力村の大罪』  「人牛同病」「雪月花」  2011年08月26日  KKベストセラー
 『ベスト・エッセイ2011』  「自由と、不自由」  2011年06月18日  光村図書出版
 「ラジオ深夜便 珠玉のことば」    2010年12月28日  NHK
 『立松和平 仏教対談集』  「暮らしのなかの信仰の姿」  2010年12月03日  アーツアンドクランツ
 『日本文化の源流を求めて2』  「立命への道」  2010年11月05日  文理閣
 『昭和、あの日あの味』  「甘露のおにぎり」  2010年04月24日  新潮社
 「サンガ・ジャパン」vol.1  「『両行』が支える国」  2010年03月25日  サンガ
 『宗教と現代がわかる本2010』  「苦悩に向き合う僧侶の言葉」  2010年03月08日  平凡社
 『こころに響いた、ひと言』  「あしたから、頼む」  2010年02月17日  岩波書店
 『NHK 私の1冊 日本の100冊〜感動がとまらない」』  「時間と自己」「多様な時間のありかたを教えてくれ、禅に対する理解も深めてくれた、大変ご恩のある本です」  2009年11月30日  学研
 『ひと粒の宇宙』  「猫雨」  2009年11月25日  角川文庫
 『宇宙の渚で生きるということ』  「縁起のなかの妙なる出来事を味わう」  2008年12月15日 海象社
 『福澤諭吉が生きていたら』  「日本の『やおよろず』的価値の復興」  2008年11月07日  扶桑社
 『私が出あった世にも不思議な出来事』  「人間の力は計り知れない、テレポテーションだってできるわけですよ、おそらく」  2008年07月25日  学習研究社
『私も武道経験者です』増補版  「世界が『八百万状態』になればいい」  2008年03月30日  ベースボール・マガジン社
 『文学2008』  「Aデール」  2008年04月22日  講談社
 『禅といま』  「般若波羅密多」  2008年02月20日  春秋社
 『心の貌 昭和事件史発掘』  「金閣寺放火事件 青年僧はなぜ?」  2008年01月10日  文藝春秋
 『著名人が語る<知の最前線>』第8巻  言葉に思う 講演「逆立ちと仏教と文学」  2007年04月23日  リブリオ出版
 「生き方・地域の縁を語る」  まえがき「永遠のキューピーちゃん」  2007年03月31日  本の森
 『あの日、あの味 「食の記憶」でたどる昭和史』  「甘露のおにぎり」  2007年03月29日  東海大学出版会
 『保護司に贈る出会いの小箱 2』  「明るい町内会…自殺も殺人?…」  2007年02月  日本更生保協会
 『現代と宗教 いま、仏教が問うもの、問われるもの』  「自己とは何か」  2006年12月30日  佼成出版社
 『極上掌篇小説』  「猫雨」  2006年10月31日  角川書店
 『幸福論』  「思い通りにならない人生だからこそ」  2006年09月06日  PHP研究所
 『観音様』その優しさに包まれて  「命の不思議に向き合う」「慈悲と智慧の現場」  2006年05月29日  佼成出版社
 『人生へんろ』「いま」を生きる30の知恵  「『物語』を選ぶのは自分」  2006年03月31日  講談社
 『わが家の宗教 臨済宗』  「臨済宗と私」  2006年03月17日  四季社
 『いま、<宗教>を問う!』  講演「人知を超える方法論」  2006年02月15日  法藏館
 『私の死亡記事』  「チベットで生まれ変わりの捜索、開始」 2004年12月07日   文春文庫
 『好日』  講演「時間という煩悩」  2003年11月28日  近代出版社
 『私の詩歌』  「いろは歌」  2002年12月13日  文藝春秋
 『金子みすゞのこころ』  「金子みすゞの光と影」  2002年09月30日  佼成出版社
 『男はつらいよ大全』  「御膳さまのお前に」  2002年07月25日  中央公論新社


書評・解説


 書名  著者  タイトル  出版社
 『現代語訳 十牛図』  水野 聡編  解説、監修担当 PHP 
 『村上隆五百羅漢図展』  平凡社編  「村上マンダラの深化」 平凡社
 『看取り先生の遺言』  奥野修司  「『あの世』への旅路 文春文庫
 『考えるヒト』  養老孟司  解説:「自然史派のplayfulness」 ちくま文庫
 『光線』  村田喜代子  「震災後、ガン放射線治療を受ける女性にとって、放射能とは、東日本大震災とは?」 文春文庫
 水木しげる漫画大全集『神秘家列伝』下  水木しげる  「『神秘』という名の救済」 講談社
 『句集 龍宮』  照井翠  「『龍宮』の威力」  角川
 『鏡の花』  道尾秀介  「『死』を孕む『生』の深さ」 産経新聞
 『禅と日本野球』  川上哲治  「『努力』が素敵に見えてくる  サンガ文庫
 『洋平へ』  佐々木博之  重い運命を生きながら、どこまでも明るく、そして涙なしには読めない感動の書。生きること、家族とは、幸せとは…。読者はそこにメッセージを読み取ることでしょう  主婦の友社
 「SAPIO]2010年1月4日号   般若心経:解説「空」〜「しあわせ」実感への道   小学館
 「scripta」14号  アンドレ・コント=スポンヴィ  『精神の自由ということ』  紀伊國屋書店
 『白隠禅画墨蹟』  芳澤勝弘編  推薦文  二玄社
 『かけがえのないもの』  養老孟司  「自然を『手入れ』する」 新潮文庫
 「飛ぶ教室」第15号  まど みちお  「まどさんは、えらい!」  光村図書出版
 『天命』  五木寛之  「信ずべき直観」  幻冬舎文庫
 「毎日が発見」2008年  レオ・レオーニ  今読み直したい私の1冊『平行植物』  角川SSコミ
 「一冊の本」  田口ランディ  『キュア』ガンと自然への遠大な試み  朝日新聞社
 『キュア』  田口ランディ  新聞広告へのコメント  朝日新聞社
 『頭取無惨』  江上 剛  「非情の情け」 講談社文庫
 読売新聞夕刊
2007年10月20日
 坂口 安吾  「ジロリの女」書評「切ない求道の物語」 角川文庫
 『現代人のための「チベット死者の書」』(週刊朝日2007/10/20  ロバート・A・Fサーマン  「クリエイティヴな死の稽古が生の質を変える」 朝日新聞
 「文藝春秋SPECIAL」夏号    「二六二文字にこめられた『空』の心」 文藝春秋
 読売新聞5月8日  編集委員  『定本 良寛全集』第3巻「型より気分 言葉は自由」 読売新聞
 「本の時間」  ヘルマン・ヘッセ  「『知と愛』若き葛藤を包み込む息づかい」 毎日新聞
 映画「手紙」パンフレット    「『手紙』……塀こ越えた、血潮の本流」  ギャガ
 「CDクラブマガジン」  松原泰道  「枯淡なる大心」  ソニー
 『ガンをつくる心 治す心』  土橋重隆  「心のそよかぜ」  主婦と生活社
 『権現の踊り子』  町田康  「町田権現の法力」  講談社文庫
 「サピオ」2006/1/5  野町和嘉  メッカ、チベット、エチオピア、アンデス<神に祈る人間>の姿とこころを玄侑宗久と読む  小学館
 「週刊ポスト」2005/10/21  柳澤桂子  「病魔に冒された科学者が辿り着いた『神なき信仰』」  小学館
 「文藝春秋」11月臨時増刊  北杜夫  『幽霊』:「少年の神話、そして豊かな落差」 文藝春秋
 『ロマンティック・デス』  一条真也  「月落ちて天を離れず  幻冬舎文庫
 『わが屍は野に捨てよ』  佐江衆一  「すさまじき遊行の迫力」 新潮文庫
 新潮創刊100周年通巻120号記念『名短篇』  川端康成  『眠れる美女』  新潮社
 「週刊ポスト」2004/11/12  上田紀行  『がんばれ仏教!』書評:「がんばらず、りきまずに生きて行く『縁起』の世界を説く」 小学館 
 『人生百年を生ききる』  松原泰道  「ただ者でない自利利他の人」  PHP文庫
 『内田百闖W成』第15巻蜻蛉玉  内田百  「百關謳カとの上手なつきあい方」  ちくま文庫
 『釈尊の生涯』  中村元  「<道の人>としてのゴータマと中村先生」  平凡社
 『釈迦』  瀬戸内寂聴  「泥の中に咲いた蓮たち」(「文學界」2003/3月号) 文藝春秋
 『明るいクヨクヨ病』  東海林さだお  「恐るべき新興宗教の出現」 文春文庫


作品再録


 書名  タイトル  刊行日  出版社
 『地獄をどう説くか』 「金輪際」   2012/12/26  四季社
 『永久保存版 仏教入門』  「わたしが愛する京都の美仏」  2010/05/10  KKベストセラーズ
 『ラジオ深夜便 こころの時代』特選集下  「安楽のすすめ」  2010/02/18  NHK
 『抜粋のつづり』第68号  「命軽き時代 はるかな誓願をもとう  2009/01/29  熊平製作所
 『片手の音』  「片手の音」  2008/07/10  文春文庫
 『抜粋のつづり』第66号  「ウドンの恐怖、ウドンの悦び」  2007/01/29  熊平製作所
 『あの日、あの味 「食の記憶」でたどる昭和史』  「甘露のおにぎり  2007/03/29  東海大学出版会
 『保護司に贈る出会いの小箱』2  「明るい町内会…自殺も殺人?」  2007/02  日本更生保護協会
 『極上掌篇小説』  「猫雨」  2006/10/31  角川書店
 『観音さま』  「慈悲と智慧の現場  2006/05/29  佼成出版社
 『片手の音』  「片手の音」  2005/08/25  文藝春秋
 「守山文芸」第10号  「人生のご褒美」  2004/10/30  守山文芸
 『犬のため息』ベストエッセイ2004  「僧侶が長生きするワケ」  2004/06/30  光村図書出版
 「月刊石材」8月号  「一人でもできるお彼岸」  2002/12/08  (株)石文社
 『芥川賞全集』第19巻  『中陰の花』  2002/12/08  文藝春秋
 『落葉の坂道』ベストエッセイ2002  「本屋さんは『ひとさらい』」  2002/06/30  光村図書出版
 『文学2002』  「朝顔の音」  2002/04/25  講談社
 『抜粋のつづり』61号  「文字をたてる」  2002/01/29  熊平製作所